スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「しゃばけ」~畠中 恵・著

最近のいちおしの小説の話など・・・。

畠中恵・著
『しゃばけ』

しゃばけ しゃばけ
畠中 恵 (2004/03)
新潮社

この商品の詳細を見る


時代は、江戸時代。かなり落ち着いた頃です。もう武士も戦知らずになってて、商人がどんどん強くなってる頃。
廻船問屋の大店の若だんなが主人公。この若だんな、普通の主人公と違って・・・、すんごいひ弱です・笑。
すぐ寝込むの。ちょっと日向ぼっこしてて、風が冷たくなった来たな~なんて思ってたら、咳き込んで、翌朝もう枕から頭が上がらない…なんてのがしょっちゅう。でも、若だんなはちょっと人と違った才能?があって、人ならぬもの(妖し~あやかし)が見えるんです。いわゆる妖怪とか神様(日本古来のやおろずの…)とか、そういった類のものが見えちゃう。
で、実はおばあさまが妖しの中でもかなりな大妖で、若だんなはつまりクォーター(?)なわけです。

しかも、そういった妖しが「友達」で「兄や(兼・手代)」だったりするわけです。中には若だんなに危害を加えようなんていう妖しもいないではないのですが、大体は仲良くなってお友達。だいたい病弱で子どもの頃からあまり外へ出してもらえない若だんな、他の人には見えない妖したちが彼の自室にはいっぱい居ついていて、看病してくれたり、オヤツのおこぼれに預かったり…。

そういった和気藹々な雰囲気の中で起こるいろいろな事件を、人一倍考える時間を持ち合わせている若だんなが、妖しの手を借りつつ解決していく…といったようなお話です。



このシリーズ、文庫で3冊でてます。 「ぬしさまへ」「ねこのばば」
で、普通版で2冊。 「おまけのこ」「うそうそ」



話自体も面白いですし、キャラクターも悪意のある人があまり出てこないので、読みやすかったです。ちょっと一息つきたいときに、お勧めかな?
もっとも、私のようにハマってしまって、一気に読みつくす…というようなことも無いとはいえませんが・笑。


時代小説を読みなれて無くても、読みやすいと思います。
その証拠に、かなり売れてるようです。
・・・早く次の話が出ないかなぁ~、楽しみな本が一つ増えました。
興味があったら、ぜひどうぞ~!
スポンサーサイト

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

しゃばけ 畠中恵

大店の若だんな・一太郎は、めっぽう体が弱い。 なのに猟奇事件に巻き込まれ、仲間の妖怪と解決に乗り出すことに。 再読。可愛い鳴家、犬...

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

>藍色さんへ

ようこそ~。TBありがとうございます。
次回は記事の感想もいただけると嬉しいです。
よろしく~!
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

まる~ん

Author:まる~ん
趣味:読書、書籍収集

好きな作家:
 中島敦、星新一、小野不由美、
 田中芳樹、矢崎存美、高千穂遙、
 畠中恵、井上祐美子、竹河聖、
 シャンナ・スウェンドソン 他


コメントありがとうございます。 申し訳ありませんが、本文記事に無関係なコメントと判断した場合は削除させていただく場合がございます。ご了承下さい。

FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
黒ねこ時計 くろック D01
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。